06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

muhahaの日記

趣味のフライフィッシングを中心に日々の出来事を載せています。スローなFFを心掛けて!原則非公開ですが趣味友さんと共有できるものは積極的に公開していきますよ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

生命反応がありませんね! 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2015/08/25 Tue. 23:16 | trackback: -- | comment: -- | edit

湯の湖 2 

これだけ暑くなると山上湖の丸沼・湯の湖といえども良い話は聞かないです。

ここにきて湯の湖では場所によっては船釣りでホンマス・ヒメマスが出ている様子ですね。

岸からでは無理と思いつつ微かな期待を持って出かけてみた。

この時期では釣りは二の次で里の暑さを逃れての避暑が大きな目的ですね。

6時に出発して7時半には到着。

まずは流れ込みで始めようとしたのだが、餌釣りの人が入っているのでちょっと離れた右手に。

深場・底とのことなのでシステムをインターボディーにタイプ3のティップで底まで沈める。

11時頃までやったのだが反応はまるでなかった。

午後は初めての場所の兎島へ、ここで数匹をhitしたのだが放流ニジマスでした。

yunoko


hit

2014/07/30 Wed. 23:53 | trackback: 0 | comment: 0edit

今期初の湯の湖 

多方面の情報を収集しても湯の湖の状況は芳しくない様子ですが、俺、私には釣れる!などとの

釣り師の自意識過剰の強欲さから湯の湖へと出かけてみた。

着く前まではホンマス・ヒメマスgetなどと夢の様な話をしていたが、いざ着いてみると湖面は穏やかで

ライズもなく静寂そのもの、先着の方々も釣れている様子はありません。

表層で小物でも光り物をと思っていたのだが、インターでの引っぱりに方針変更ですね。

yunoko

とにかく渋い!

午前中に放流ニジマスを数匹。

今シーズン初の湯の湖なので、午後は場所を見がてらに流れ込みに移動をしたのだが

ここでは魚の気配が全く感じられなかった。

帰り際にもう一度フローティングで滝上で引っ張ってみたが、何回かアタリがあっただけで

午後4時には終了した。
2014/07/14 Mon. 23:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

最終日 

県内の渓流等のフィールドもC&Rの場所を除いて湯の湖を最後に2013年のシーズンも

終わりです。

今シーズンは色々な制約だらけでちょい不満足かな。ま〜こんなシーズンもあるか!

7時に自宅を出発し目指すは湯の湖、白根沢のインレットに入って婚姻色の出たヒメマス・ホンマスの

姿を見たかったのだが、8時の到着時には最終日とあって砂浜やインレットは満員御礼の状態で

入る余地は全くありません。

滝上に向かい運良く1台分のスペースがあって駐車出来たのだが、釣人の車で早くも駐車場は満車です。

紅葉にはちょっと早いのだが観光客と小学生の団体がやたらに多い。 ウンザリかな!

釣人はルアーが二人にフライが5人、支度を整えている間にもあちらこちらと移動している。

釣れていないようです。

駐車場の右手の奥のいつもの場所に入って始めたのだが、十数m先まではノロと藻が見てとれる。

yunoko

キャス練も飽きて来た頃からようやくアタリがあって、掛かってきたのは30㌢超えのレギュラーマス、

昼前までに50㌢クラスのニジマスを筆頭に7匹の釣果でした。

新しいシステムのrioのスカンジインターボディーにインターティップ+fastシンキングリーダーで

カウント30以上ではフライがノロだらけでした。

ヒレピンの魚体にはお目にかかれなかったですね。

yunoko2

日が高くなってくると秋の空が広がっていた。

昼からは場所を変えて三つ岩へ、ノロ・藻との格闘を避けて比較的深い場所に来てみたが

アタリすら無かった。

yunoko3

午後1時には早上がり。

これからは丸沼かな?
2013/09/30 Mon. 23:56 | trackback: 0 | comment: 1edit

ゆる〜い感じ 

忙中有閑

忙中無閑かな!

土曜日ではあるがようやく相棒との都合がついて、引っ張りまくりのFFへと。

風の噂では中禅寺湖では、まだまだ柄物を目指して頑張っている人が、いるやらいないのやらとのことで

恐れいりますね!

午前6時に自宅を出て目指すは湯の湖へ、一時間強で湯の湖へ着いたが滝上の駐車場も空きがあり

意外と空いていた。

天気は快晴、下界は真夏でも山上は半袖では寒い位の気温で爽快です。

既によっちゃんは腰まで水につかって引っ張りまくっていたが、掛かるのはレギュラーサイズのニジマス中心です。

なぜか今日は人出がすくなく滝上に入っているのはフライマンだけが片手ほどです。

takiue

水の透明度は良いのだが藻やノロがあちらこちらにですね。

ロケーションは良いのだが中禅寺湖のような期待感と緊張感がここでは無い、ゆるーい感じかな。だが!

それほど甘くはない。

放流魚が対象なのだがこの時期になると、難しいFFを強いられることが多い。

カウントはインターのラインで40超、藻・ノロを掛けるか魚を掛けるかです。

初めてまもなくかかったのがこれ!

hime

ヒメ?

しばらく後にちょと型の良いニジマスが、ヒレピンでジャスト50で、ちょっと遊んじゃいました。

ホンマスなら2年連続の・・・・・・?

niji

その後に大きめのトラウトを掛けたがジャンプすること3回、4回目のジャンプでバレてしまいました。

ギンピカの魚体に見えたのだが、ホンマスはジャンプしないしで何だったのだろうか!

昼過ぎには大粒の雨が降って来た。

2時には上がって帰路についたが中禅寺湖畔で大雨、日光・宇都宮道の今市では雷とゲリラ豪雨で

一寸先も見えない位の降り方で車もスローダウン。

自宅に戻って一瞬晴れ間も見えたが、今市からの雨雲が掛かってきて再びのゲリラ豪雨になって

しまった。

矢板市・さくら市では最高雨量を更新した様子です。

2013/07/27 Sat. 23:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

ようやく秋の気配 



久しぶりにAさんとの湯の湖への釣行でした。

今日は午後から、ちょうどお昼に湖畔に着いて準備、22日のトラウト・・・の準備で

砂浜他に臨時の放流があるとのこと。

12時半頃に砂浜にトラックから直接放流が終わって、周りにはルアーマン・餌釣師・フライマンが

陣取っていたが、釣果は芳しくなさそうでした。

ちょうどインレットが空いていたのでここで二人して始めることにしたが、放流した効果も無く

放流ニジマスが数匹hitしただけでした。

3時頃に滝上に移動した。

何投目かで明確なアタリがあって上がって来たのは25㌢ほどの婚姻色が出ているホンマス?

honmasu

隣でispeyをキャスティングしているAさんにも待望のhitがあったがニジマスでした。

aokisan

その後には良型のニジマスが、ヒレも奇麗です。

nijimasu2

5時近くなったので上がることにしたが、寒くなってきたためかライズは起きなかった。

目的の魚種・大型は出なかったがまずまずかな?ボウズでなくてね!
2012/09/20 Thu. 21:35 | trackback: 0 | comment: 0edit

今日もきょうとて 

ゆっくりと現地へ8時に、まもなくよっちゃんも到着した。

天候は快晴、雲一つない、湖水は淀んでいて生命反応が感じられません。

最初はボートの係留所の前で始めたがアタリすら無かった。

場所を移動して処理場前へ、状況は変わりない。

ちょうどヘッドの先ほどのところに藻が生い茂っているので沈ませてリトリーブすると

根掛かりする。根掛かりするよりも気分がよろしくないですね!

ここでもアタリすらないので、思い切って反対側のいつもの滝上へ移動した。

湖面が波だってきて釣れそうな雰囲気になるが、雰囲気だけで魚の気配はなかった。

お昼頃に二人して数匹をhitしたが、お目当てのギンピカではなく小型の放流のニジマスのみでした。

fuukei

快晴でライズ・モジリもないので、終止いつものインターでの引っ張りまくりでした。
2012/09/10 Mon. 21:14 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。