08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

muhahaの日記

趣味のフライフィッシングを中心に日々の出来事を載せています。スローなFFを心掛けて!原則非公開ですが趣味友さんと共有できるものは積極的に公開していきますよ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

大島 

今日一日は阿寒湖でのFF、大島への渡船です。

北海道の夜明けは早い、もうすぐ夏至とのことで午前3時には明るく

なり始める。

起きたのは午前3時半、天候は曇りで風も穏やかです。

渡船の一番出航が午前5時、定時に行くと乗船は私ともう一人です。

もう一人はヤイタイ島に向かうとのことで、私は大島独占〜ん!

oosima

準備をしていると渡船の舟がやってきて一人が上陸してきて二人になった。

ここ2週間(今年全般)ほどは低温が続いて、どこで状況を聞いても

良い情報が聞こえて来ない。

たしかに6月の中旬といえばユスリカが終わってモンカゲのベストシーズン

なのだが人出が極端に少ない。

風は微風だが南風で追い風、キャスティングにはベストの風だが肝心の

モンカゲ・ユスリカ等のハッチは皆無、見える範囲でのライズもありません。

ライズもアメマスの気配もないので、まずは浅瀬のステージに立って駆け上がり目がけて、

インターでの引っぱり、手前のある場所までリトリーブをしてくると

必ず根掛かりしてフライがロスしてしまうし、アタリもないのでシステムの変更した。

昨日と同じようにフローティングにウエットフライ、すぐに明確なアタリがあって

45㌢ほどのアメマスがきた。

条件がよくないので嬉しい一匹ですね。

ame

50mほど立ちこめる、条件が良ければこの浅場にワカサギやモンカゲ・ユスリカを捕食に

アメマスが入ってくるのだが、今日は気配がないですね!

nisi

その後はアタリはあるのだが乗らないか、乗ってもバレてしまうのが続いた。

10時頃までに5匹、貧果ですか!!!

ame2

後から来た人はシングルハンド、愛知県の岡崎市から四泊五日で来て阿寒湖オンリー

を楽しむとのこと、昨日はボッケに入って釣果はゼロ。

今日の大島でのFFで是非姿を見たいとのことなので場所を譲ったのだが、昼を過ぎてもアタリのみで

hitは無かったようです。

tachikomi

私は大島は午後1時で上がって午後は大島前での予定を立てていた。

彼は最終の5時までの予約であったがあまりの釣れなさで一緒に大島前に

同行することになった。

kinen

迎えが来る前に雄阿寒岳をバックに記念撮影です。ロケーションは最高です。

事務所に戻って遅い昼食です。昼食を持って行ったのだがお互いにFF中に盗賊カラス

に奇麗に食べられてしまったのです。

wakasagiten

いつものワカサギ天そばを食べていざ大島前へ!

ここで情報を聞いたのだが昨日、今日の午前中にモンカゲのダンで

十数匹の釣果があったので勧められた。

行く予定だったので二つ返事で行ってきま〜すですね。

入る前に上がってきた人に情報を聞いたところ、やはり午前中が面白かったとのこと。

入っていた場所を聞いて向かったが、唯一といっていいほど釣れている場所なので

人出は10人ほどが大島前の馬の背を中心に入っていた。

馬の背の反対側に向かって二つ目のワンドへ、ここは砂地で遠浅が続いている。

二人が入っていたが挨拶をして左手に入ったが、そっちはあまり良くないから

と二人の間を勧められた。

札幌から車で6時間かけて来て車中泊、今日が二日目で午前3時半に入ったとの

ことで明日は違う場所に移動するそうです。

kandan

FFを忘れてしばし歓談!ギスギスしたところがなくて皆さん紳士ですね!

立ち込んで15~20m先へキャスト、ライズがあればライズ目がけてキャストすれば

ガバッと出てくるそうです。

今日は午前8時半頃が良かったとのことで、後手後手に回っている感じですね!

oosimamae

結果は午後5時までキャスティングを繰り返したが反応はなかった。

明日は屈斜路湖へ向かうのだが、ど〜するかな〜!
スポンサーサイト
2012/06/14 Thu. 23:53 | trackback: 0 | comment: 0edit

ヤイタイ島 

釧路行きの出発が午前9時頃、何も無ければ羽田までは2時間ほどだが

余裕を持って午前5時に自宅を出発した。リアルな高速道路等の交通情報が分かれば

安心して行けるのだが、不測の事故渋滞や通行止めがあったりすると、いくらナビが

あっても不安です。

何事も無く2時間で民間の駐車場に到着し一安心だが、

これから時間つぶしが暇〜です。

外の喫煙室でタバコを一服。携帯で電話をして胸ポケットに入れようとしたが、

手元が滑ってコンクリートの道路に落下、衝撃で裏蓋が外れて電池と本体、

裏蓋が飛び散った。

壊れたかと思ってヒヤヒヤ!!したが何事も無かった。がこの後にまさかまさかの

最悪の結果が起きるとは思ってもいなかった。

定時に離陸して定時の10時半頃に釧路空港に到着したが気温は7°cで寒い。

数日前には氷点下になったとのことでここ何週間は寒い日が続いている様子です。

軽く昼食を摂って渡船の申し込み、入漁券と渡船で4,500円、決して安くはないが

久しぶりにパワースポットのヤイタイ島へ、朝から一人が入島しているとのことです。

yaitai

上陸して早速にパワースポットの龍神様にお参り、数年来のパワースポットブームで

鳥居も祠も新調になっていて御利益も薄れてしまった感じで幾分がっかりですね。

いわば島全体がパワースポットなので島に立てば力と気力が漲りますか!!!

jinjya

先行者の一人は南側の浅瀬のステージに入っているので、西側の馬の背に入った。

minanigawa

ロッドとシステムは中禅寺湖と同じ、手始めはインターでの引っぱり

第一投目めでゴッツンとのアタリ、上がってきたのはアメマスの60㌢超えだが

スリムな体型です。

amemasu1

時間が経つに従って南よりの風が強くなってきて防寒対策は完全なのだが幾分寒い。

場所を変えながらひたすら引っ張り、50㌢を超えるアメマスが時折hitしてきた。

引っぱりで三匹掛けたが、掛かるのは浅い場所。

amemasu2

ユスリカ・モンカゲのハッチはほとんど見られないが、時折モンカゲが漂う。

monnkage

もしやと思いフローティングラインにモンカゲウエット(メイフライ)に交換

monnkage2


モンカゲというより中禅寺湖でのフタスジモンカゲロウです。

以外とライズがなくてもモンカゲを捕食する習性があるようで、ウエットをゆっくり

時には早めに引いてやると明確なアタリがあって、いずれも50㌢を超える

アメマスがhitしてきた。

ame

ヤイタイ島には二人だけ、のんびり、ゆっくり、気兼ねなく出来、ロケーションも最高ですね。

もう一人の方とお話をしたが、三週間の休みを取って北海道の各地を

釣り歩いているとのことで羨ましい限りですね。

panorama

雄阿寒岳から温泉街方面の風景ですが、この南側の浅場のステージから温泉街方面に

キャストできればいいのですが、今日の風向きでは無理ですね。

最終の午後5時の迎えがくるまでに6匹の釣果でした。

良いか悪いかは別にして十分楽しめました。

夕食前までの時間に温泉街を散策、阿寒のBlogによると唯一のフライ(釣人)関係の

土産店owlが昨年より再開したとのこと、owlの理解者のご主人が店の一画を使って始めた

とのことで時間も忘れて話し込んでしまった。

これからどんどん品数を増やして行ければ良いですね。これからが楽しみです。

owl owl2
2012/06/13 Wed. 23:21 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道FF ⅤーⅡ 

風邪は相変わらずよくならない。調子は中の下かな!

6月3日(木)

午前2時半に目が覚めた。まだ暗い

3時になると次第に空が白み始め3時半には完全に夜明けです。夏至も近づくと夜明けが早いですね

地元と比較すると夜明けは一時間近く早い 極東です。

今日は思う存分釣りまくりの一日です。

天候は曇り、無風のせいか寒さは感じませんがヤバそうな雲行きです。一日もってくれるのを願うばかりです。

5時の渡船で静かな場所へー希望は大島かヤイタイかな

乗船者は6名、3人連れのお仲間さんはヤイタイへと、必然的に我々は大島ですね。

toen
正面が大島

下船後昨年と同じ場所へ、馬の背になっていて50mほど立ち込める場所です。

早速準備をしてstart

立ち込むと水温が低く阿寒湖とは思えない、ここは中禅寺?

khachi 1

chachi 2

net

2~3投目でヒットしたアメマスです。

この後は無反応、単発的にライズがあるが気配が感じられなかった。

昨年は日が高くなってから島の北側で帯になったユスリカが漂い、それを捕食するアメマス・

ヒメマス・サクラマスが目の前、足元近くで雨霰のライズでしたが

今日はその気配すらありません。

単発的にラインが届かない微妙な場所でライズがあるだけでした。

3時の迎を予定していたが、11時に移動することにしヤイタイ岬へと

yaitai 1

yaitai 2
  中央の島がヤイタイ島 パワースポットです

葦の生えているところからヤイタイ島へ向かって馬の背になっていて両側がポイントです。

朝一緒に渡船でヤイタイ島に向かった3人が大島方面へ移動していった。今日は何処も

状況は同じ様子で各ポイントへ入れ替わり立ち代り、考えることはみな同じ!!!

午後になって風がでてきて寒い。時折 雨も

ame

chachi


ここで何匹かヒットしたが非常に疲れだけが印象に残った一日でした。

4時上がり

上がりは暖かい「ワカサギ天そば」

ホテルに戻って真っ先に温泉へ、冷えた身体と心をじっくりと暖めました。

温泉街を散策

釣り人のお土産を扱っていたOWLが閉店してしまったのがすごく残念です。
2010/06/03 Thu. 21:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

北海道FF Ⅴ-Ⅰ 

旅行予定日の二週間前に風邪を引き旅行当日は完全回復と思っていたが、

この時期の風邪はしつこく、旅行当日まで鼻・のどが回復せず、おまけに

腰・膝の痛みと満身創痍の状態で出かけることになってしまった。


6月2日(水)

釧路行き9:15発に搭乗するため幾分の余裕を持って午前5:30出発

東北道・首都高速とも順調に走行出来2時間で民間のPに到着した。

飛行機も定時に離陸、所要時間一時間半で釧路空港に到着。

天候は曇り、気温10度と寒い、今年の北海道は全国的な天候不順と同様に

寒い日が続き雪も多いとのことでした。

阿寒湖に向かっていると雨になってきた。

毎年雨に祟られるが今年もかと覚悟を決めたところ、右手に阿寒川の流れが見えるあたりから

晴れ間が見えてきたので一安心ですね。

予定どおり正午に阿寒湖に到着。

早速、ホテルに届いていた道具を出して着替え、準備です。

おとっ! 

その前に腹ごしらえです。

毎回の定番メニューのフィッシングランド阿寒でのワカサギ天そばです。

tensoba

気のなるのは年々ワカサギの量が少なくなってるような?

阿寒湖でのポイント・レギュレーション等はこのようになっています。

annai

これから国道をちょっと戻って一級ポイントの大島前へ

今日は南風が強くキャスチングが辛いですね。

oosimamae

写真中央立ち込んでいる人の奥が馬の背となっていてかなり奥まで立ち込むことが出来るのですが、

一人先客がいたためまずは手前のワインドで。

アメマスがヒットしたのですが、残念ながら手元でバラシてしまい顔は見られませんでした。

今年は寒さが続いたせいか水温がかなり低いですね。

ワカサギの接岸も少ないし。

5時に上がってゆったりと阿寒温泉に浸かって夕食です。

あまり食欲がない、やはり風邪のせい!

8時頃「阿寒まつり(アイヌまつり)?」をやっていました。

maturi

明日は早いから・・・・寝よ
2010/06/02 Wed. 19:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。